アマチュア作家の成り上がり執筆録

素人作家がどこまで高みに昇ることができるのか

【心に残る言葉】『道程』

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出來る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた廣大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の氣魄きはくを僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

引用:『道程』(作:高村高太郎)

 

 日本人でこの詩を知らない人がいるんだろうか。
 僕は、この詩を生み出した高村光太郎と同じ日本人であることを誇りに思う。

 この詩の一行一行に人間のあるべき姿が刻まれている。
 この詩の背後から薫り高い香気のようなものが立ち昇っている。

 この詩を読むだけで魂が震えるような感動を覚える。
 この詩を見ただけで新たな一歩を踏み出す勇気が湧いている。

 この詩はあらゆる人にとって価値があると思うが、とりわけ10代、20代の若い人たちに捧げたい。
 若い魂は未踏の道を選択すべきだ。
 あえて困難な道を選択すべきだ。
 その先にこそ、輝かしい未来と栄光が待っていると僕は信じる。

 僕はこれを読んだ大学生の頃、アパートを出て晴れ渡った青空に朝日が昇るのを見ると、よくこの詩が浮かんだものだ。そして山中鹿之助ではないが、我に七難八苦を与えたまえと心の中で叫んだものだ。

 天は僕が願ったわけではないと思うが、その後、非常に困難な道を僕に与えた。
 僕はそれをなんとか乗り切り、今、こうしてここにいる。
 そしてその困難な道を歩いてきたことが僕の人生の大きな糧になっている。

 僕は今でも、未踏の道を歩きたいと思っている。 
 たぶん、死ぬまでそうありたいと願っているような気がする。

 

「読書」に関するまとめ記事はこちら

 

TOP